トップページ > インプラントについて

インプラントについて

実績

特徴

清潔

インプラントは、虫歯や歯周病、事故などで失われた歯の代わりに人工の歯根を歯茎の中の顎骨内に植え、その上から人工の歯冠をかぶせる治療法です。
人工的に歯の機能性と審美性を回復させる治療です。

安全

骨がなく、他の医院で断られた方や他の医院でインプラントをされたが調子が良くない方など、難しい症例にも当院は対応致します。手術の際にもPRP(※1)を用い身体に対して親和性の高い血小板を使用します。手術前に血管の確保を行いPRP、およびPPP(※2)を採取するために採血を行います。その後抗生剤、止血剤を点滴しながら手術に望みます。見た目だけの治療を行わず、1歯1本ずつ「本来自分の歯がある場所に必要な長さと太さの歯を入れる」治療を行っております。

技術

手術時には完全滅菌した器具を使用します。
手術前には口腔内、口腔外を消毒し、顔面及び体幹を清潔な敷布で覆い手術を行います。

※1 PRP(Platelet Rich Plasma 多血小板血漿)
骨形成促進性に作用する血小板由来のサイトカインであるTGF-β、PDGFを多く含む血漿

※2 PPP(Platelet poor Plasma 乏血小板血漿)
→組織再生促進性に作用するフィブリン(繊維素)を多く含む血漿

安心安全のために

当院では安全安心のために生体に移植する骨および血漿(PRP、PPP)は全て自家骨(患者さんより採取した顎骨)自己血液(患者さん自身の血液)を使用しています。他家(他の人)、他種(ヒト以外の動物)の材料は一切使用しません。自家骨だけでは十分な量の骨が得られない場合人工骨(β-TCP β-リン酸三カルシウム:移植後自分の骨に置き換わる人口骨補填材)と自家骨を混ぜて使用します。

こんな方へインプラント治療をおすすめします

  • 以前のようにものを噛みたい方
  • 事故により歯を欠損させた方
  • 他院でインプラント手術を断られた方
  • 他院では難しいと断られた方
  • 義歯で満足されておらず以前の様にものを噛みたい方

インプラント治療の方針

直径、長さにバリエーションの多いカムログインプラントを使用しております。
骨の幅が狭いから、または骨の厚みが薄いからと言う理由で奥歯に細い直径または短いインプラントを埋め込むような計画性のないその場しのぎの治療を行わず、「本来自分の歯があった場所に長期に渡って咀嚼するのに必要な長さと太さのインプラントを埋入する。その為の骨が不足しているのであれば骨移植して増骨する。」治療を行う事が当院の方針です。

→詳しくはコチラ

インプラント治療のメリット

機能

インプラントをする事によって欠損部分がなくなり、本来の自分の歯と同様に噛めることは勿論、そこで噛めることによって他の歯への負担を減らす事ができる。それにより他の歯の寿命を延ばす事が可能となります。
義歯と比べて咀嚼能力に優れ、異物感は非常に少なく、ブリッジと比べて、健全歯、隣在歯を削るなどの影響が少ない。

審美

歯冠部分は全てポーセレンで作成しています。ポーセレンは全面が陶材で出来ており金属面が見えません。レジン(歯科用充填樹脂材)に比べ吸水性がないので変色・着色および劣化が起きにくい素材です。それに加えプラーク(歯垢)が天然歯に比べて付きにくい為、清掃性にも優れ清潔に保つ事が可能です。清潔に保てる為に、歯肉炎などの予防にもなります。

 

PAGE TOP

インプラント治療の流れ

STEP.1
カウンセリング

患者様とカウンセリングを行い、お困りの事、お悩みの事をお伺いします。

「また噛めるようになりたい」「インプラントがどんなものか気になって…」まずは何でもご相談下さい。

STEP.2 
患部の確認

口腔内写真やレントゲンにて患部の確認を行います。

 

 

STEP.3
病状の説明

STEP.2で撮影した口腔内写真、レントゲンをもとに現状の説明を行います。

 

 

STEP.4
治療計画

患者様一人ひとりの口腔内に合わせて治療の計画を立てます。計画の中で分からない点や疑問に思われる点があれば何でもご質問下さい。

 

STEP.5
治療

治療計画にのっとった治療を行います。技術と実績のある安全な治療を提供いたします。

 

STEP.6
メンテナンス

治療を終えたらこれで終わり。ではありません。マイナスが原点に戻ったのです。これからの定期的なメンテナンスを行う事がインプラントを長持ちさせる事、すなわちプラスにつながります。

PAGE TOP

インプラント技術紹介

リッジエクスパンション

リッジエクスパンションリッジエクスパンションとは、顎の骨(歯槽骨)の幅が狭い(薄い)場合で、そのままではインプラント埋入ができない場所を広げる方法です。まず、歯槽骨を押し広げたい部分の歯槽骨頂からバーで切り込みを入れます。次に、専用のノミのような器具を切り込みに挿入して、徐々に骨を押し広げます。
インプラントを埋入できる位にまで押し広げてから、インプラントを埋入します。ただし、下顎の骨等、骨が硬い場合には、応用が困難な場合もあります。

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフトとは、上顎臼歯部にインプラントの施術を行う時に上顎洞までの距離が短く(骨の厚みが薄い)、インプラントの施術を行う事が出来ない場合に行う手術です。ソケットリフトを行うことにより上顎洞までの間に十分な量の骨が新たに出来、インプラントを埋める事が可能となります。

GBR

GBR

GBR(Guided Bone Regeneration)とは、歯槽骨がインプラントを埋め込むのに必要な骨の厚みや幅がない場合に用いられるテクニックです。通常は、インプラント埋入手術前に必要な骨を作ってしまうか、もしくはインプラント手術のとき、同時に作ります。

サイナスリフト

上顎臼歯部歯槽頂から上顎洞までの骨が極度に薄い時に、お口の中から上顎洞前壁の骨に窓を開け、そこに骨を追加して骨を増やす方法です。
※骨ができてからインプラントを埋め込む場合と、同時にインプラントを埋め込む場合があります。

PAGE TOP

医療法人 恵聡会  中尾歯科医院
〒680-0802 鳥取県鳥取市青葉町2-105
TEL : 0857-29-7676

一般歯科 口腔外科 顎関節症 インプラント
ホワイトニング 予防歯科 レーザー治療

 
9:00〜13:00 -
14:00〜18:30 -

木曜日、日・祝日定休
土曜日午後は△14:00〜16:30


大きな地図で見る