トップページ > 歯周病について

歯周病について

歯周病はただ口腔内の疾患というだけでなく全身疾患と大きな関連があります。

初診の患者さまには

1. 歯槽のチェック
2. 歯槽に対しての診断、判断、説明、計画
3. 全身疾患のチェック(薬などによっては要説明)
4. 急性の箇所に関しては急性症状を抑える処置
5. 歯を1本だけを見るのではなく、口腔内全体を判断
6. 口腔内を綺麗にしてから初めて治療
7. 歯石の除去
8. ブラッシングの指導
9. 口腔内の治療

の9項目を必ず行います。

歯周病とは

歯周病とは歯肉炎(歯肉だけに炎症がおこったもの)と歯周炎(いわゆる歯槽膿漏で歯根を支える歯槽骨の吸収を起こしたもの)に分類されます。 歯根の周りには、歯根を支えるために必要な様々な組織(歯肉・歯根膜線維・セメント質・歯槽骨)があります。
歯周炎は、歯根の周囲に付着した歯垢の中の歯周病菌が、歯肉や歯を支える骨を破壊し、最終的には歯が抜けてしまう病気です。歯垢とは唾液成分の無機質が沈着し、硬く石灰化したもので、歯周病菌の温床となります。
始めは歯周の歯肉に炎症を起こし、出血します。進行すると歯肉溝が深くなっていき、歯がぐらつき、歯根が見えてきます。そのうちに口臭や出血が酷くなり背嚢が認められるようになります。

歯周病は、一本だけでなく多数の歯が一度にかかることがほとんどで、虫歯と違い、痛みなどの自覚症状がなく進行します。長い間、歯周病のサインを見逃して放置し、歯がぐらぐらになってから来院しても、抜歯しか手段が無いこともしばしばで、いきなり歯を失ってしまうことになりかねません。

また、糖尿病や喫煙などの危険因子が加わると、さらに歯周病の進行を促し、その他の因子と相まって、心筋梗塞などの全身疾患の引き金になるともいわれております。

PAGE TOP

歯周病と全身の関わり ―心筋梗塞に関して―

口腔内にしか存在しない歯周病をひき起こす最近細菌が足の大腿動脈の血管壁に存在していた事が心筋梗塞でなくなった方を解剖したっけか判明した。

つまり歯周疾患を起こす細菌が心筋梗塞をおこす引き金にもなりまた、悪化させる原因にもなっている。 糖尿病に関しても心筋梗塞に関しても、口腔内の歯周病のコントロールを行うことによってこれらの疾患の悪化を予防することにもつながり、なおかつ改善させることにも繋がる。

さらに良くあることに、重度の心臓病の手術前または白血病等の悪性腫瘍の科学療法の前にも口腔無いの歯周病やうしょくの改善をおこなっておく事は医学上の常識である。なぜなら術後の感染やかがく療法による白血球の減少による感染の予防に必要だからである。

PAGE TOP

歯周病と全身の関わり ―糖尿病に関して―

歯周病が進むとTNF-αの分泌がさかんになり、インシュリンの働きを悪化させます。
今までも糖尿病患者は歯周病にかかり易く、また悪化させやすいと言う事がよく言われてましたが、それだけでなく重度の歯周病が糖尿病患者の血糖コントロールを悪化させる事が分かっています。

また、糖尿病の合併症として糖尿病性腎症がある。その為に透析が必要になる場合がある。
透凝固材を使用するために透析した日は出血傾向(血が止まりにくい)と言う事が起こります。
その際の観血的処置などに関しても十分な知識と技術を必要とされます。

PAGE TOP

医療法人 恵聡会  中尾歯科医院
〒680-0802 鳥取県鳥取市青葉町2-105
TEL : 0857-29-7676

一般歯科 口腔外科 顎関節症 インプラント
ホワイトニング 予防歯科 レーザー治療

 
9:00〜13:00 -
14:00〜18:30 -

木曜日、日・祝日定休
土曜日午後は△14:00〜16:30


大きな地図で見る