トップページ > 顎関節症について

顎関節症について

顎関節症とは

日本顎関節学会による定義

『顎関節部や咀嚼筋等の疼痛、関節(雑)音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候とする慢性疾患群の総括的診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包・靭帯障害、関節円板障害、変形性関節症などが含まれる。』

PAGE TOP

顎関節症によく見られる症状

顎関節症の治療法

顎関節症の症状として、耳の穴(耳管)1.5cm前方部にある顎関節部に、顎関節症主要3症状が、顎運動時に単独または合併して発症します。


顎関節症主要3症状

・顎運動障害
・顎関節痛
・関節雑音


その他にも<筋肉の緊張症状(頭痛、首や肩のこり、全身の倦怠感など)や、耳症状(耳閉感、耳鳴り、難聴)などの症状も現れる場合もあります。

日本顎関節学会による分類

日本顎関節学会では、主病変が、「筋性(咀嚼筋障害によるもの)」と「関節性(顎関節障害によるもの)」の2つに大別し、I〜V型に分類しています。


I型

・咀嚼筋障害を主徴候とし、その病理は、筋緊張と筋スパズム、筋炎である。
・顎関節部の運動痛と運動障害を僅かに生じることがあり、筋痛を強く生ずる。

II型

・関節包、関節靭帯、円板後部組織の慢性外傷性病変を主徴候とし、顎関節部の運動痛と圧痛を強く生じ、関節雑音を生ずる。
・筋痛は弱い。
・関節鏡下で病変を認める。

III型

・関節円板の転位や変性、穿孔、線維化を主徴候とする。
・クリッキングと呼ばれる関節雑音が顕著である。
・筋痛はなく、顎関節部の疼痛は弱い。

III型a

・復位性関節円板転位:関節円板の位置関係が復位する時に関節雑音(クリック音)が確認できる。

III型b

・非復位性関節円板転位:関節円板の位置が復位しない。
・ひっかかりのための開口障害や顎関節の疼痛がおこる。

IV型

・変形性関節症。
・関節軟骨の破壊。
・下顎窩や下顎頭の骨吸収や変性・添加。
・関節円板や滑膜の変形異常などの退行性病変を主徴候とし、クレピタス音と呼ばれる関節雑音が顕著である。
・X線所見上も大きな異常を認めるようになる。

V型

・変形性関節症。
・上記のIIV型のいずれにも該当しないが、顎関節領域に異常症状を訴える、心身医学的な要素を含むもの。

PAGE TOP

顎関節症を治療するには?

顎関節症の治療法として、以下の治療が単独あるいは併用して行われ、原因の除去と顎関節の安静を図ります。

1) スプリント療法
2) 理学療法
3) 薬物療法

PAGE TOP

医療法人 恵聡会  中尾歯科医院
〒680-0802 鳥取県鳥取市青葉町2-105
TEL : 0857-29-7676

一般歯科 口腔外科 顎関節症 インプラント
ホワイトニング 予防歯科 レーザー治療

 
9:00〜13:00 -
14:00〜18:30 -

木曜日、日・祝日定休
土曜日午後は△14:00〜16:30


大きな地図で見る